-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | [Edit] |
2010-05-31 (Mon)

ソフトの味クイズにたくさんのご応募ありがとうございました*^^*

はやく結果発表を!!と思ってるのだけど
ごめんなさい、もう少しだけお待ちくださいm(_ _;)m
次回の記事でさせていただく予定です!



* * *



今日の記事は画像もなくて重い内容なので
かなりつまらないと思います。

ここ数日いろいろと思っていたことを、ただ吐き出しているだけの記事です。
自分の中だけで処理すればいい話なのですが、
文章にすると少しスッキリする癖があるので書いてしまおうと思います。

なので、みなさまにとってはどうでもよかったり、
不愉快になったりする話かもしれませんが…
読みたいという方だけ、こっそり読んでくれればうれしいです^^











↓の記事の著作権のお話。
あれを書いた後、たくさんのご意見をメールでいただきました。

同じようにショックを受けてらした方、
マステのパッケージには商用不可なんて書かれていなかったし
個人レベルの販売まで禁止なんておかしい!という方、
それを言い出したら何も作れなくなるのでは…?という方、、、

とにかくいろんな感想を読ませていただき、
私も深くうなずいたり、勉強になるお話がたくさんでした。
本当にありがとうございます^^


私の正直な感想を書かせてもらうと、
素材として使ってこそのマステ…のような気がするので
作品に取り入れるのは大いにアリだと思っていました。
なのに著作権!と言われてしまうと(lll ̄□ ̄)ガーン!!!です。。。
いやほんと、マステ大好きっ子だっただけにね…(;´□`A``
会社によって対応が違うというのも、ものすごく微妙なところですよね。

まぁ、でもいくらショックでも販売元がアウトと言うなら仕方ない。
OKなものもあるんだし、これからまた頑張ろう!!
…なんて、一度は立ち直った私でしたが。


よく使用するもうひとつの素材、外国切手も
厳密に言うとアウトなのではないか…という事実が発覚し。。。
お友達にいろいろ質問し(迷惑かけてごめんね><)、教えてもらったのですが
日本の切手についてのサイトを見てみると、切手のイラスト自体に著作権があるので
それをメインに使った作品の販売は×の可能性があるみたいで…
発行から50年以上経っている(日本の場合)ものは大丈夫ですが。

で、日本切手を使うことはまずないので海外切手は?と思ったのだけど
なんだかあまりはっきりしたことが分からなくて…^^;
サイトによって書いてることもまちまちだし、
日本でこれなら著作権に厳しい欧米なんて特にダメなのでは?って感じで
そんなことを思ってると、「もう一体モノづくりってなんなの!?」みたいな。
混乱しすぎですか、私?(笑)
いやでも、海外切手の作品への使用・販売について、詳しいことご存知の方がいたら
ぜひお話をうかがいたいです。。。


切手って他の方の作品でもよく見かけたりしてて、勝手にOKと思ってたけど
マステの件もあるしでも~かなりの勢いで凹んでしまいました。。。><
個人の趣味で販売規模も小さいとはいえ、
やっぱりグレーゾーン、もしくはアウトかもしれないものを販売するというのは
どうしても抵抗があって無理なんです。
使用するにしても、販売するなら50年以上経ってアンティークものになってから、
というのが正解なんでしょうか^^;
でもその50年というのも日本の基準で、海外では分からないし…(汗)
これもお友達が教えてくれたんですが、アメリカでは70年だとか。。。


なんだかね、『オリジナルって何なんだろう?』という考えに行きついてしまって。


切手やマステやその他いろいろを、素材としていろいろ組み合わせて
自分テイストな作品を♪なんて考えていたんですが、
オリジナルってそういうことじゃないのかも…って思ってしまいます。

かといって何もかも、素材から作り出すってわけにもいかないし
結局使えるものをうまく駆使しようとしちゃうんです。
そのひとつがマステだったり切手だったりするわけで。。。
その素材の幅が狭くなるのって、ハンドメイドLOVEな私たちにとっては
かなり、いやものすごくキツイことじゃないですか?><
びくびくしながら販売したりするのだけは本当に嫌だし。

いや、販売をしなければいい話なんですけど。。。
使えるものを使って、作りだせるものは作りだせばいい話なんですけど。。。

なんだかもう、shopをするモチベーションがゼロに近いとこまでいってしまって。



* * *



もともと、いろんな葛藤と闘いながら続けていたshop。
いや、shop自体は勢いで始めた部分が大きかったので(ダメだろ…笑)
続けていくほど葛藤が増していく、という感じかな。
まだそれを割り切れるほどの結論に達していない中、今回のことでは本当に参りました。


キレイゴトに聞こえてしまうかもしれませんが、
shopをしている理由・目的の一番は、お金ではありません。
もちろん、お金は一切いらない!と思っているわけでもありませんが…(笑)
それだったらすべてプレゼントにすればいい話ですもんね。
販売において価格はとても大切ですが、ハンドメイド作品という性質上
あくまで優先順位が一番ではないという意味です。

自分の作ったものに価値をつける、値段をつけるということ自体
とてもとても難しいことです。
「本当に、いいんだろうか」と、今も思います。
shopをオープンする前は、毎回この値段決めにかなりの時間をかけます。

でも、心を込めて作ったものだからこそ、
心を込めてその作品の価値を決めてあげなければいけない、とも思います。

なので、「少しでも安く」という考えを私は捨てました。

自分が納得する価格をつけられることに集中して決めているので
高いと感じる人もいると思います。
実際、高いと言われたことも、安いと言われたこともあります。
その言葉には、いちいち「ウッ」となりますし(笑)、shopのアンケートにも
価格についての質問を設置してるやん!という矛盾もありますが(汗)
ご意見は参考になるので、聞かせていただけるのはとてもありがたいんです。
ただ、コレについてはある程度自分の芯を持っていないとダメだな、というのが
今の私の考えです。
(当然、人それぞれいろんな考えで運営されてると思います^^)



* * *



優先順位の話に戻りますが。。。
私が今、最も大切にしていることは、「自分ならではの作品」であり
「その私の作品が欲しいと思ってくださる方の気持ち」なんです。

オーダー作品についてもそうです。
「私にオーダーしてよかった」とお客様が満足してくださることが一番大切で
それが私の幸せであり、活力になっています。
正直、毎日忙しくていろんなことに対して時間が足りませんが
みなさんが言ってくださる「作品、ツボです」「楽しみです」
この一言のためにハンドメイドを楽しく続けられているのかもしれません。

もちろん、「何かを作る」ということ自体、今は大好きですが
相手がいないと、私の場合は続けられないんだと思います。
そして、楽しくないと!!!これがかなり重要です。
気分が落ちていたら、かなりの勢いで作品にも反映されます^^;
それにやっぱり、楽しんでできないと趣味じゃないし。


今回の一件で、いろいろなことを考えました。
販売じゃなかったら、お金が絡んでいなかったら
何も考えず、楽しいままずっとできるんじゃないか…?
でも、作ったものをすべてプレゼントにできるほど、
お金に余裕があるわけじゃない。それはそれでいつか楽しくなくなる?
shopを楽しみにしてくださる方もいるのに、どうするの? etc...

これらの自分への問いかけへの答えは、まだ出ていません。
続ける限り、ずっと向き合っていかなければいけない問題だと思います。

ただ、気持ちの良いモノづくりをしたい、という思いだけが
私の中には消えずに残っています。



* * *



…は~、長々とすみませんでした。
まだ結論が出ていないので、結局何が言いたいの?って感じの
まとまりのない文章になってしまいました><
いったん考え出すと、自分の中で決着がつくまで考えないと気持ち悪いので
今後のshopのことも含め、もう少しいろいろと悩んでみようと思います。
普段あまり考え込んだりしないので、このぐらい悩んでちょうどいいんです(笑)
個人的なつぶやきに付き合ってくださってありがとうございます<(_ _*)>

あっ。今いただいているオーダーについては、責任を持って
製作・お届けさせていただきますので、その点はご安心くださいね。


限定記事にしようかと思いましたが、
なんだかそれでは意味がないと思ってこちらに書いてしまいました。
楽しいblogに…といつも思っているのにこんな内容になってしまってごめんなさい。
次回からは元の私に戻ると思うので、スルーしてくださいね^^

関連記事
| つぶやき | COM(18) | [Edit] |















管理者にだけ表示を許可する

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。