-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | [Edit] |
2013-05-27 (Mon)





わー。。。ちょこちょこのぞきに来てくださってた方すみません!!
なんだか予定がびっしりで忙しくまた放置してしまいました

で、やっと落ち着いてきたので早く早くー!とか思うんだけど
思い出しまくりながら書く為、異常に時間がかかって凹む^^;



写真をね、できるかぎり削って、でもできる限り載せたい!!
みたいな葛藤がひどくて(笑)


結果、66枚。旅レポ書くたびに記録更新中。


怖い怖い怖い。66枚て!こんな記録更新誰も望んでないー!!
文章なしで66枚載せただけでもすんごい縦に長いやん。

どうせならトータル666枚で悪魔っぽくしよ。
とか一瞬思ったけど面倒やしやめよ♪(どうでもいいからはよ書け)




* * *




余談として旅前日の様子をちょっこし。。。


相方は圧倒的にわたしより心配性で、旅立つ前から
スリに遭うのをめちゃくちゃ案じてました

や、わたしもそれなりには気をつけようと
お金を小分けしたりいろいろしてたんですけど、
彼は「そんなんじゃあかん。」と100均に直行(笑)

案じてる割にそこ100均--?ミタイナw

なんかほんといろいろ無駄に買いこんでて。
その中でも、財布をポケットから抜き取られても
ベルトループにつないだリールコードがびよーんって伸びて
取れないようにするグッズ、「これめっちゃいいやん!!」って。


「じゃーわたしがスリ役な。シミュレーション開始!!」


ビョーーーーン!!ブチッ!!!カラカラカラ………



………



これとまったくおんなじことが2回繰り返され、
買って2分で全部メチャメチャに壊れてぜんっぜん防犯できてない件。笑。

簡単に財布ゲット♪


彼はショックを受けた後、ネットのスリ対策のHPを
かなり見まくってましたww
てか、そんだけ心配なら
100均でどうこうしようと思わんといてほしい(笑)しかも前日に(笑)


そんなこんなで、両替したりmy母と3人でご飯食べたりしてたら
なんか一瞬で夜になって^^;
友達と寝る直前までLINEして、どんな旅になるんだろーとか
わくわく妄想しながら一日が終わりました。。。


翌日は朝5時発のバスに乗って関空へ向かうため、3時半起き。
やっぱり興奮してたのか、
寝たんだかどうなんだかわからないままアラームが


荷物の最終チェックをして、いよいよ家を出発です

深夜なのでスーツケースをガラガラ転がさないように
持ち上げてマンションを出るのにすでにぜぇぜぇなりましたw




* * *




…きゃ~ん想像通り前置きがひどく長い!!!

では、みなさま一緒にTripに出かけましょう~~~^^v



ReadMoreを押すと、びろーーーーーーーーーーん!!!
ってなりますので、お覚悟を…(笑)

携帯の方、絶対に読み込めず本当にすみません









8時前に無事関空に到着。

飛行機は10:00発なのですが、今回はツアー旅行のため
集合時間が2時間前の8:00だったのでけっこうぎりぎり





ここで初めて添乗員さんとご対面☆

ツアー、海外ともなると添乗員さんってめちゃくちゃ重要ですよね。
申し込む前にレビューとか見てると、この会社のヨーロッパツアーは
「Yさん」(本名は不明)という方が担当のときがやたら評判良くて。

Yさんになれ~~とひそかに思ってたら、
「添乗員の米田と申します。」という電話がかかってきて
「きゃ~っ、やった♪Yさんだった♪♪」……っていう夢とか見ました。夢かい(笑)

実際旅の数日前にかかってきたご挨拶の電話は、、、
Tさんだったーーーww


お電話で話した感じではけっこうきびきびした早口の女性、
なんとなくちょっと冷たい印象かも?というイメージ。
(レポなので、思った事、正直に書きます^^;)

相方は話していないので関空で会ったのが完全にお初。

そいで、いろいろ説明聞いて、二人になったときに
「ど?ど?わたしの電話での印象と比べて。」と聞いてみると

「見事にそういう感じやな。」って(笑)
ちょびっとだけ一抹の不安が…











出国の手続きはササッとスムーズに終わり、搭乗ゲートへ。
10:00初の関空→フランクフルトの直行便です^^

行く前はきゃーきゃーなってたのですが
いざ出発となるとあんまり実感が湧かず(笑)
飛行機降りたらドイツとか…!

12時間のフライトなので、日本時間は22:00。
現地時間では15:00に到着します。
サマータイムのため、時差は -7時間。










もっちろんエコノミーだよん♪っていう…(笑)


相方は飛行機が好きって前にちらっと書いたような気がしますが
今回は彼が大好きな大好きなルフトハンザ。

それだけでも非っ常~~に喜んでいたのですが、
家に飾ってるダイキャスト(→)と同じものが目の前に…










もう見ただけで大興奮しておりました。
テンション、3歳児ぐらいな感じで(笑)

でも飛行機はほんと魅力的な形ですよねぇ
わたしも海外の航空会社のロゴとか大大大好きなので、
ガラスに張り付いて色々見てたー!
おしゃれだわん










空の上での心配は、この人が酔わないかどうか(笑)

「シーバンド装着したぞ(`・ω・´)」の図。
きつめのリストバンドって感じで、バンドの内側に
ツボを押すためのぽちっとした突起がついております。

手首(手のひら側)に吐き気等に効くツボがあるのですが
装着することによってそこを押し続ける仕組み。
妊婦さんのつわりとかにもいいみたいです。




↑こんなの。



乗り物酔いって気分とかにも左右されるので、
このテンションなら大丈夫だろう…とひそかに心で頷くわたしw

搭乗30分前に酔い止めもばっちし飲んで、
いざいざ~~~










機内へIN!!!

2-4-2の座席配列。
窓際が良かったけど、残念ながら通路側だったので
上空写真がまったく撮れませんでした><

でも最後尾から2列目の席で、おトイレ近くて便利~♪










やっぱちエコノミーは窮屈…

いつの日か、ファーストとは言わんからビジネスクラスで
ゆったりフライトしてみたいなっっ(笑)


後日、同じツアーの年配のご夫婦から聞いたのですが、
たまたま空きが出たのでプラス4万/一人でビジネスに変更できるけど
いかがですか?って聞かれてめっちゃ心が揺れたそう。
結局、ご主人が変更しかけたのを奥様が止めたみたいですが^^;

それは心揺れるのわかる!!
だって普通なら倍近くするし…!

てかわたしたちそんなこと聞かれなかったけど
言っても変更しなさそうだったんでしょうね…(苦笑)







離陸の瞬間のワクワク感を味わって、
しばらくしゃべってると…




ちょうど1時間後ぐらいで軽食が。

うおぉ…ドイツっぽい…!!(笑)
無傷で持って帰ろうかと思ったけど食べましたw
ビールに合いそうなプレッツェルとクラッカー。

でもしょっぱなからビールもなぁとか思い、おとなしくりんごジュース


わたしほんと西洋かぶれなのでw、これから旅の間中
いちいちパッケージにキュンキュンし続ける事ハンパなしでした^^;







さらにそれから1時間後。
熱々のいい香りのおしぼりが配られ、1回目の機内食が♪

メインは、「豚肉の揚げ物」or「すき焼き」

豚肉の揚げ物とはなんぞや?とんかつのこと??

んー…っと迷ってすき焼きに。










パンまでwそしてうどんまでw
なんか想像してたのより多ーーー!!!
そして想像してたのより美味。

機内が乾燥してたのでフルーツが泣くほどおいしかった(笑)







おなかもいっぱいになって、落ち着いたところで
何か映画でも観ようとしたのですが…

びっくりするほど観たいのが何ひとつなかった(汗)
ショックでした( ̄□||||

そんなわけで、しばらくiPhoneで音楽を聞きまくるの巻。
旅直前にいっぱい曲入れといてよかった…










12時間が長いことは覚悟していたのですが、
案外、前半の6時間ぐらいはあっという間に経ったんです。

が…後半6時間がか~なり長く感じた

たぶんそんなに寝れないだろうなと思って、
念のためにとbagに入れておいた、分厚い文庫本小説。
ひたすらひたすら読んでました(笑)










読書灯の明かりだけで夢中で本読んでたら、
突然ドイツ人のCAさんが真横にいてびっくりΣ(・ω・;ノ)ノ!!

「ONIGIRI?」とか聞いてくれたので
思わずもらっちったー!シャケ
これから日本食が恋しくなるかもしれんし。(笑)

この時間はすでに電気も消されてかなりの暗さなので
画質がめちゃくちゃ悪くてすみません^^;










こんな感じで、ず~~~っとロシア上空を飛んでいきます。

今さらながら…ロシアって広い。
おしりが痛くなるほどに。。。(笑)







ほいでほいで、ちょびっとうとうとしてまた本読んだり、
もういいかげん本読むのも目が疲れたぞってなってきたときに
熱々のおしぼりが……キターーー

到着2時間前ぐらいに、2回目の機内食。

「リングイネパスタ、鳥肉のグリルトマトソース」or「煮穴子、ご飯、椎茸、卵焼き」

煮穴子の方めちゃんこ日本的ーーー!
でも穴子がちょっと苦手なので、今回は迷わずパスタの方で。








これが意外にもおいしかった♪
デザートはもっとおいしかった♪♪

ドイツ版アップルパイとでも言ったらいいのでしょうか?
アップルシュトゥルーデルというもの。
これ、レシピ知りたいぐらい^^


機内食だけじゃなくて軽食とか、ドリンクサービスも頻繁にあり
おなかがすくことはまったくありませんでした。
っていうかむしろだいぶ満腹状態だったような…^^;

機内食、相方も2回とも同じメニューを選択したので
別メニューがどんなのかはわからなかったです(笑)







長かったフライトも終わりに近づき、到着まで1時間を切った頃
飛行機が徐々に下降し始めました。


ここまでまったく酔うことなく余裕だった相方、
わたしもほっとしてたのですが…

下降するときってちょっとふわっとする感覚があるでしょ?
あれが何回か続いて、ふと横を見たら……………


まさかの相方真っ青。。。。。。



酔ってるーーーーー


あとちょっとのとこで!!!(汗)

すぐに吐き気止めの薬を飲ませて励ましまくり^^;
で、無事フランクフルト空港へと到着しました。
まだ相方真っ青のままどうか吐きませんように










休む暇もなく集合。
ここで同じツアーの人たちが初めて顔を合わせました。
なんと33名の大所帯(汗)わたしたちが申し込んだときは8人だったのにw

で、めちゃくちゃ混んでるので
すっぐに入国審査行ってください!と言われ。
ほんとめちゃくちゃ混んでました

二言三言質問され、すんなりパス。

添乗員さんに、早く終わった方は先にスーツケース取って
待っててくださいと言われたので…

すぐわかる場所にあるんだろうと思い、適当に歩いて行ったら
どこからスーツケース出てくるかわからなくなりまして


ほんとどこ行っていいかわからんくなって、
来た道戻ろうとしたら、めっちゃくちゃ屈強そうな
でかいドイツ人のガードマン2人に

『NO!!!』とか言って通せんぼされ
ちょっと泣きそうになりましたww
まだ相方フラフラだし^^;


そしたら別の旅行会社の日本人ツアーの方が運良く通りかかり…!!
「すみません…別のツアーの者なんですが、
スーツケースってどこからでてくるんですか?」

とか聞いて連れてってもらいました…
ちょっと笑われてたわたし。恥。


他にも迷ってた人いたみたいで、
集合してから一緒に行けばいいのにーー!と。。。
この時点でこれまた添乗員さんの評価が非常にマイナスに

でも、このときは彼女のキャラをまだよく知らなかったからで、
この後サバサバした頼れるおねぃさん的な人だとだんだんわかってきます。
なので、旅が終わるころにはすっかり
「Tさんでよかったかも♪」なんてゲンキンなことを思ったのでした(笑)







なんとか無事スーツケースも発見しw、
まずは、すぐ必要になる小銭を作りましょうということで
10分だけ水などを買う時間があり、すぐ出発!






まだここがドイツだという実感が全然ないけど、
こんな自販機にはやっぱり吸い寄せられる(笑)










空港内には気になるお店もたくさんあったけど
早足で通り過ぎて終了(涙)。










外に一歩踏み出すと、外国の空気ーーーー!!

…っていう感じも特にまだなし(笑)
そういうのを味わうより前に、即バスに乗り込まなきゃでした^^;

なんかもっと写真撮りたかったけどこの辺全然ありません










バス車内。

飛行機→バスと、乗り物続きで相方の酔いが悪化しないか
かなり心配だったのですが、幸い吐き気止めが効果抜群!

しばらくすると窓から見える景色に二人して興奮しておりました










一面緑!!な景色。北海道みたーい♪♪










でも、お店とかはまぎれもなく異国
このじわじわ込み上げてくる感じは何っっ!?










空港からバスで1時間ちょいぐらいの
ヴァインハイム(Weinheim)というところにあるホテルを目指します。


この日の日程は、ホテルに着いて終わり、という感じなので
レポももうすぐ終了になる予定だったのですが。。。

なぜに66枚も写真が!?
と思っていてくださいね、ははは…


…てかここまでの時点でまだ21枚目…。
どうしよう本気でありえん程長すぎる…。


すみません、どうか飲み物でも飲んで読むの休憩してください!!









ふ~。。。








か~~~ら~~~の~~~~












どーん!!!!!(笑)

笑顔がすてきすぎるこのお方が、これから4日間
バスを運転してくださるポルトガル人のCarlos(カルロス)さん♪

母国語+ドイツ語も英語も話せる凄腕な人。

ちょっと笑顔に魅了されすぎてどアップで撮りすぎた…(笑)










写真も快く応じてくれて。きゃ~ん、かわゆいよぅ
そら相方も珍しく笑顔になるよ…(笑)










そしてこれが1日目のホテル『NH ヴァインハイム』

外観めっちゃかわいいー!
両脇が芝生にタンポポなのも最高にきれい!


部屋に入ってすぐに、
ちゃんとお湯が出るか、トイレの水流れるか確認してくださーいと言われ
あぁやっぱこゆとこ日本と違うなぁと徐々に実感が。










すこし古い建物な感じはあったけど、
お部屋はなかなかキレイ^^
(荷物どっかり置いちゃってて失礼します…汗)

ベッドの上に、ちょこんとアメちゃんがひと粒ずつ。かわゆ♪

てか…ドイツのベッドほっそ!!
ってまず思いました。笑。










おトイレは普通なんですけど、
流すボタンがあまりに大きくてウケたので撮影(笑)
上にあるやつです。










非常口は、日本のマークとほぼ同じ。
そだよね。わかりやすいもんね^^







次の日の朝食時間&集合時間だけ聞いて、この日は解散。

ということは…夕食は自分たちで調達しなければなりません。
もちろん、このホテルで食べてもいいんだけど、、、

時間は夕方5時すぎ。
せっかくまだまだ明るいし、あまりに周りの景色がすてきなので
散策がてらスーパーに行って何か買ってこよう♪♪

ってことになり、お金とカメラだけ持って外へε=ε=(o ・ω・)o



だってね、だってね…












ホテルを一歩出たら、この景色なの!!!

嘘みたいにヨーロッパ。
さすがに外国なんだなぁってひしひしと感じましたよ~。

すてきすぎ













標識がいっこいっこかわいくて持って帰りたい(笑)










おうちの玄関もなんっておしゃれなんでしょう…










お庭も、緑がいっぱい。









ユキヤナギ越しに見える赤い屋根のおうち…

あかん、もうほんまあかん。
完全にノックアウト(笑)










空と緑とおうちの色が素晴らしすぎて
もう涙出るよっ!?本気で。。。










山の方には、なんとお城らしき建物が!
ドイツの国旗が揺れているー

重いズームレンズ持ってきてよかったとか思いました。
ちなみにカメラは一眼、ミラーレスの2個持ち(笑)







それでね…まったくもって飽きることのない景色に
ばっしばし写真を撮りまくっていたんですが。

ホテル出て右にまっすぐ行けばあると言われてたスーパーが…

ない……だと……?(汗)



みたいな感じになってきて










もうこれ以上まっすぐ行ける道ないよ?ってとこに
こんなぐる~っとカーブしてる歩道橋みたいなものが。。。

とりあえずこれを渡ってみようってことになり、渡り始めたのが
すてきなハプニングの始まりでした。
本当に、夢にも思ってなかったことが旅の初日に!










橋のてっぺんまでくるとこんな景色が(〃゚∇゚〃)
わ~っもうどこ見ても美しい。。。

とか言いながら歩いてたとき、自転車を押しながら歩いてくる
地元の女性と思われる方が通りかかりました。


目が合ったので、「Hello♪」とかつい言ってしまい
わーここドイツやった!ドイツ語でなんだっけなんだっけ…

あっ。「Guten tag」って言えばよかったとか思っていたら、
その女性も「Hello!」と。。。


ほいでここがわたしの図々しいところなんですが、
「わたしたちの写真を撮ってもらえませんか?」なんつって言っちゃって(汗)
ドイツ語の会話がさっぱりわからないので、なんとか英語で…(汗)

そしたら、「OK!OK!」とにっこり笑ってくれて、
何枚も撮ってくれて、めっちゃいい人~~♪♪


そしてね、そのとき一眼の方のカメラを渡したのだけど
「これはどこのレンズ?あっ、シグマの?」
みたいなとこから会話が始まって、ちょっとカメラの話になり。

なんとか貧弱な会話力でやり取りを
ドイツ人、いやヨーロッパの方って大体そうなのかもしれませんが、
この方が英語堪能な方で本当良かったと思いました。

同時に、もっときちんと話せるようになりたいなぁと反省
相手が言っていることはなんとなくわかるのですが、
自分が何か伝えたいときに単語が出てこなかったりで><

相方はずっと「???」みたいな顔で、私と女性の顔を交互に見てて(笑)
通訳(?)しながら会話。


…てか、わたしこの日ホテル着いて寝るだけと思ってたので
最初っから最後までどスッピンで(恥)
顔、汚っ!!こんな素敵な出会いがあるなんてーー!!










めっちゃ興味を示された様子。


で、どこからきたのかとか、ドイツに何日間いるのかとか、
他の国も行くの?OH!スイス?スイスは物価高すぎよね!!
みたいなこといろいろしゃべって、、、

名前を聞いたのはだいぶ後(笑)

Doris(ドリス)さんというお名前でした


…なんか、初めてドイツ来て、ドイツに来た瞬間
こんな地元の人と知り合ってお話しするとか…

この不思議すぎる感じわかってもらえるかなぁ…^^;
自分の身に起きてることなんだけど嘘みたいでした、まじで。


でも、それ以上にものすごくものすごくワクワクしました。
相方もすごく目が輝いてたので、同じ気持ちだったんでしょうね。







で、「今はどこに向かってるの?」と聞かれ、
そうだった!!!と思って(笑)、

「スーパーに行きたいんだけど場所を教えてもらえませんか?」と。


「ここから500mぐらいのとこにあるから連れていってあげるよ♪」


………めちゃめちゃいい人すぎーー(*T▽T*)!!
てかほんと、この人に出会えなかったらたどり着けてなかった。笑。


スーパーまでの道のりも、すてきなものがたっくさん










見て!!この奇抜な電車Σ(゚ω゚ノ)ノ
ちょうど反対側からは色違いの電車も来て度肝を抜かれました。










これは押しボタン式信号のボタンなんですけど、
こんなものまでかわいすぎてもう鼻血が出そう。。。










駅も、日本のものとは全然違いました。
ドイツ、、、どんだけ!?!?







てくてく歩いて、スーパー到着。

「ごめん500mとか言ったけど1kmはあったね~アハハ♪」
みたいなDorisさん。


「いやいやそんなことよりほんと無駄に時間を使わせてすみません!!」
って感じで伝えると(伝わったんだろうか…笑)、

「No、No♪わたしもここで買い物するから♪」みたいな。
本当かなぁ…気を使ってくれたのでは。。。^^;










「何が欲しいの?パン?パンは欲しい写真のボタンを押せば出てくるよ」
とか色々と買い方まで教わる始末

これね!ほんとにボタン押したら「ドゴン!!」とかって
写真そのままのが落ちてくるのΣ(・ω・;ノ)ノ

他の方が買ってるとき、一斤丸ごと出てきたのを見て
フランスパンぽいのをチョイス(笑)










↑これはね…ドイツに来たからにはウインナーが食べたかったんですけど、

パッケージに書かれたドイツ語がさっぱりわからないので…
またまた図々しく、ボイルとか調理しなくても食べられるものを
探してもらってるところ

で、結局なくて。(汗)

「これなら…味似てるし調理しなくていいよっ」

と言われたハムを購入。笑。










買ったもの。
ハムとチーズとパンと水(笑)
せめてお酒を買えばよかったw

ここからは次の人だよ~っていうために置く
バーさえもかわいいと思うわたしって病気…!?







そして、ここまであまりにもお世話になっているのに、
ほぼ手ぶらで出てきてなんにもできないことが申し訳なさすぎて…

何かできないかなぁ…と思ってたらお店の中で見つけたお花。

せめてものお礼の気持ちとしてこっそり買って
Dorisさんにそ~っと渡しました。。。
こんなことしかできなくて情けない^^;










でも、喜んでもらえて嬉しかったです


そして、できる限りの感謝の気持ちを伝えて
ホテルに帰ろうとしたら、まさかの言葉。。。


「この辺は景色がいいところがたくさんあるから、
あなたたちがよかったら案内するけど、どうする?」


えーーーーーー!!!!!!!


とても信じられない。なんでこんなに親切にしてくれるの!?


相方が「えっ何て言うてるん?」と言うので、
↑の言葉を伝えると、超びっくり。。。
「めっちゃ申し訳なさすぎるやろー!!」と。


我々にとっては、非常にありがたいことなんですけど
あなたの大切な時間を使ってしまい申し訳ないです、と伝えると

「全然大丈夫よ♪」みたいな。







わたしがとても印象に残っているのはね、
決して押しつけがましくないんです。

ある程度の距離と言うか、いい意味での線引きがあって
絶対にそれ以上は踏み込んでこない。
だけど、相手が必要とするならばとことん親切にしてくれる。

本当にそういう感じの方で。
実際に「If you want…」という言葉をかなり使っていました。




ツアーで仲良くしていただいた、お仕事でよく海外に行かれてる方が
後日おっしゃっていたのですが、ドイツ人はまさにそういう人が多いそうで。
ものすご~~っく納得!!







そんでもって結局案内してもらうことに(汗)
だって…こんな機会、絶対にそうそうないから!!!



か~なり坂や階段が多い道を、せっせと登る3人。


あのね、一つだけ言ってもいい…?

やっぱり背が高くて足が長いから、歩幅がぜんっぜん違うの!
Dorisさん自転車押してるのに…!
相方は普通に背も高いし足も長いし、ぜんっぜん問題なし。

問題はおいら…(笑)
普段から、手足みじか病とか相方に言われてるわたしですのでw
二人について行くのがもう必死なんです…

写真とか撮ってたらね、二人が一瞬で遠くに行ってるの(笑)
超小走り&早歩きで、どスッピンで、顔真っ赤だからw







ガイドブックにもほぼ載っていない町、ヴァインハイム。

だけどこぢんまりとしたその町並みは、
感動の一言しか出てこないぐらい、すてきでかわいいところでした。





背の高い教会が、青空に映える










この美しい建物は、過去にヴァインハイム城として建てられたのですが
現在なんと市庁舎として使われているそうです!
おしゃれすぎる~










その敷地内の公園?庭園?をずんずん進む。
緑が美しい!!










そこにあるこの大きな大きな木は、
ドイツで一番大きくて、そして一番古いのよ~♪と聞いてびっくり。

木の名前を聞いたのだけど単語がわからなかったので
後で調べたところ、ヒマラヤスギだそうです。

子供たちが木の周りで遊んでた~^^










非常に歩くのが早い二人を必死で追いかけるの図(笑)

相方、外国人に対しての方が積極的だわ♪なんかうれしい。。。


家がかわいいですよねぇ~~
ここに載せきれないのが本当に残念なのですが、
地元の人しか知らないような路地にいっぱい連れていってくれました。


以下、おとぎ話のような家や町並みや小道を5連発でどうぞ





















なんか、完全に絵本の世界すぎて。。。
ちょっともうポカーンってなってしまいました^^;

どこをどう写真に撮っていいかわからない!!(笑)


5枚中の4枚目の山の上にかすかに見えるのが、
先ほどズームで撮ったお城。
かつて領土を守るために建設されたヴィンデック城で、
現在は破壊されて城跡となっているらしいです。

ちょっと撮れていないのですが、山の上にもう一つの城趾があり
ヴァインハイムは2つの城の町として有名だとか。
お城っていうのがすでに素敵ですよね~。










てかそんな純洋風の建物たちの中に、こんなアジアなものが!!
これは……なに……?

聞きそびれた^^;










ってか聞こうと思ってふと見たら
Dorisさん自転車担いで階段登ってたーー!!!

脱帽です。

ふだんからかなり歩いてらっしゃるんでしょうね~^^










開けた場所に出たな~と思ったら
ここは町の中心?
マルクト広場というところだそうです。

カフェでくつろぐ人や、買い物をする人で賑わっていました。
クリスマスには大きなマーケットが開かれるそうで、
ぜひぜひ行ってみたい!!










この広場をまっすぐ進んでいった先にある、
聖ラウレンティウス教会。
これもすばらしく美しい建物です。










わたしたちはどこをどう進んだかさっぱりわからなかったんですけど、
気付いたらまた先ほどの市庁舎に戻ってきていました。

たぶん、町をぐる~~っと一周回ってくださったんでしょうね。


楽しすぎて、パンの袋を握り締めてウロウロする東洋人が一人…ww










これが市庁舎だなんて、本当に美しいですね。。。
とため息をついていたら、
「ここで結婚式をする人もいるのよ♪」と。OH、素晴らしい!!







そしてさらに歩いていると突然、
「This is my house♪」と言って立ち止まるDorisさん。えっ!?








かかっか…かわいーー!!

なにこの窓ー!みどりのルーパー!はしごーー!!

と(日本語でw)言いまくっていると、
「入っていく?あなたたちの家とは、全然違うだろうけど」


まじですか!!!Σ(・ω・;ノ)ノ


もうほんっとわたしってここまで図々しかったっけ…
とか思いながら相方に「ちょっと!おじゃまさせてもらえるって!!」

と伝えると「うそん!!」とかって興奮しまくり(笑)










おうちの中から見たお庭がまたすてきーー。
ナチュラルで、美しい。
なんて言ったらいいの?頑張ってる感が全くないのに自然におしゃれなの。

ヨーロッパって本当に素敵だなぁ。。。







おうちには、息子さんと旦那さんが*^^*

突然現れた怪しげな東洋人二人、絶対怪しかったと思うのに
そんなに驚くこともなく…あったかく握手してくれましたぁ(照)

娘さんもいらっしゃるのだけど現在はベルリンの大学に通われてるそうです。










ほいで…ちゃっかりファミリーと写真まで撮ってもらっちゃいました

ちっちゃいからわからないと思うけど、とにかく顔真っ赤(笑)
でも嬉しいよぉ~><

息子氏はかっこいいし、旦那さんは優しそうだし…

旦那さんね、「しゃ、写真を…」みたいにお願いすると、
「それじゃーシャツを着替えて来なきゃなぁ。はっはっは♪」
みたいな感じで言っててめっちゃおちゃめでかわいかったんです(*^艸^*)


インテリアがなんかもうさりげなく素敵。
素敵としか言いようがないのが申し訳ないんだけど
植物がいっぱいで癒されるおうちなんです

いやぁ、、、ドイツの一般家庭にお邪魔することなんて
一生ないと思ってたっていうか想像さえしたことがない。笑。
体験がすべて嘘みたいな現実すぎてもう不思議で不思議で…



そして、「何か飲んでいく?」とまで言ってくれたんですけど、
この時点で時計を見るともうさすがに帰らないとまずい時間^^;
明日の朝早いし…。

非常に後ろ髪を引かれる思いでしたが、
丁重にお断りして、お礼を言って帰ることにしました><

Dorisさんはさらに、ホテルまでの帰り道がわかるとこまで送って下さり
最後にハグをしてお別れしました。
「Danke schön!!」←最後の最後しかドイツ語使ってない…(凹)







…で、この旅最大の後悔。。。。。。

Dorisさんのメールアドレス聞くの忘れてたーーー!!!
アドレスお持ちですかー?っていう会話してたのに…してたのに!!

最後なんだかバタバタしちゃってすっかり頭から抜けてました(⊃ω・。`)
ほんっと悲しい。。。
わたし肝心なとこがいつも本当に抜け落ちてる。




時計を見てびっくりしたんですけど、なんと3時間近くも
町を案内していただいてたみたいで。。。(泣)
数々の親切、お心遣いに感謝してもしきれないです。


はぁ…また会えるかなぁ。
いや、会いに行くしかない!











観光の予定がない日に、
何より思い出に残る観光をさせてもらったという。。。


夢にも思ってなかった体験に二人で興奮しながら、
ゆっくり歩く帰り道の景色もすっごくきれいでした。
わたしたち、この時の夕焼けはたぶん忘れられないと思います。


これ、、、夜の8時半ぐらいなんですよ~。
日がなかなか暮れない!!

サマータイムの意味がよく分かりますね^^







この後、スーパーで買ったパンとハムとチーズを
すんごい野蛮な感じで食べて(汗)

いやほんと、パンがめっちゃくちゃ固くってね(笑)
引きちぎる感じで^^;
あっでも味はおいしかったんですよぉ♪



かんなり早足で歩きまくったため、足がパンパンになってたので
即、お風呂に入って布団に入って。。。

長い間寝てない上に疲れてるはずなのに
頭が冴えわたってなかなか寝付けませんでした。

そりゃー非日常なことこの上ないですもんね(笑)

でもさすがに疲れが勝ってきて、
いつの間にか眠気が。。。

こうして、長い長い一日が幕を閉じたのでした^^






* * *






わたし、できるだけ忘れたくないな~とか思って
途中まで日記をかなり細かくつけてたのですが。

日程がハードで、ゆっくり文字を書くような時間がなく…
それでもバスの移動中に走り書きで書いたり。

だんだん字の判読が難解な粗さになっていき、
文字数が減っていき…ついに三日目で断念w

(相方は、最初張り切って慣れない長文書きすぎて、
Dorisさんに出会うとこまでで力尽きてました。かなりウケる。)


でも写真見たら大体のことは思い出すので、だいじょぶかな?汗


細かいことも書いておくと読み返したとき楽しくて
ついつい、他に類を見ないような長文レポになってしまいますが
読んでくれる方は疲れるだろうなぁといつも思いますヾ(;´▽`A``
こんな数の写真UPするん絶対おかしいやろとか。。。(笑)

そして、長すぎて自分でも推敲しきれずに
まとまりのない文章が多々あると思いますが申し訳ありません。


それでも楽しみと言ってくださる方にはいつも感謝です*^^*


ほんで恐縮しといてまっだまだ続くというドSスタイルww
早めに更新できるよう頑張ります

次からはもーちょい短くできるように…(笑)
ってか確実に初日が一番長いと思います。一日が濃すぎたので。







水面に逆さに映る景色と長く伸びた影。

地元の人には何でもないかもしれないこの夕暮れの風景が
わたしたちには一生忘れられないほどの美しさ。

本当にすてきな町でした。
またいつか、必ず…

そしてもう一度Dorisさんに会って心からお礼を言いたいです。






尋常じゃない長さの文章読んでくださってありがとうございます!

すみません><しばらくハンドメイドの話題から外れますが

おもしろかったら押してもらえると非常にレポ書く励みになるので
よかったらぽちっとお願いします





関連記事
| おでかけ・旅行・イベント | COM(40) | [Edit] |















管理者にだけ表示を許可する

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。